月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

ファンタジー小説-異伝 ブルーメンリッター戦記

異伝ブルーメンリッター戦記 #106 実家にご挨拶に、ということではない

アイネマンシャフト王国の都の名称はノイエーラに決まった。皆に求められてジグルスが名付けたのだ。新時代という意味の言葉を発音しやすく変えたもの。嫌々ながら、それでもそれなりに真剣に考えた名称であり、周囲の受けも悪くない。新時代という言葉は大…

異伝ブルーメンリッター戦記 #105 ただ待つしかない人

ローゼンガルテン王国の都。王城の一室でアルベルト王子は書類の束に目を通している。国王の座を継ぐ者として政務を行っているのではない。軟禁状態のアルベルト王子にはそんな権限は与えられていない。 手元の資料は特別に頼んで入手したもの。ブルーメンリ…

異伝ブルーメンリッター戦記 #104 さすがは元メインキャラたちってところか?

ゾンネブルーメ公国での戦いはその激しさを増していた。ローゼンガルテン王国がこれまで以上の攻勢に出たのだ。 エカードがそれを決断した理由は三つ。一つは増援として到着したラヴェンデル公国軍、タバートが率いる軍勢が期待していた以上に強力であったこ…

異伝ブルーメンリッター戦記 #103 その日が来ると信じて

ヨルムンガンドから命じられて、彼、ヴィリにとっては依頼を受けて、リリエンベルク公国征服作戦に参戦したものの結果は彼が考えていたようなものにはならなかった。 アイネマンシャフト王国を奇襲したオグル率いる鬼王軍は壊滅。その多くが捕虜となった。た…

異伝ブルーメンリッター戦記 #102 永遠の契り

空にはまだ白く輝く月が浮かんでいる。夜が明けるまでにはもう少し時の経過が必要だ。ベッドに仰向けに寝たまま、顔だけを横に向けて、窓から見える夜空を眺めながらジグルスは小さくため息をついた。 ジグルスの胸の上に伸びた腕。右腕にあたっている柔らか…

異伝ブルーメンリッター戦記 #101 これも元サヤというのかな?

城に籠もっての防衛戦。これまでとは異なる戦いに直面して、リーゼロッテたちはやや混乱している。ただ経験がないというだけではない。襲撃してきた敵の実態が掴めていないのだ。 当初、城の中央入口に現れた敵の数は五十ほど。やはりそれが全てであるはずは…

異伝ブルーメンリッター戦記 #100 戦いは新展開を向かえる、かも

思い通りにいかない戦況に頭を悩ましているキルシュバオム公爵に、さらに面倒事が増えた。ひとつはリリエンベルク公国からやってきたマクシミリアン・テーリングの扱いだ。 マクシミリアンの生存はキルシュバオム公爵も知っていた。知っていて、何も行わない…

異伝ブルーメンリッター戦記 #99 再登場したらキャラ変していた

魔王軍にとって現在の戦況は優勢なのか劣勢であるのか。この判断は難しい。リリエンベルク公国侵攻作戦は開始当初こそ圧倒的に優勢であったが、今その勢いは完全に止まり、領土の奪回こそ許していないが多くの味方を失うことになっている。 一方でゾンネンブ…

異伝ブルーメンリッター戦記 #98 目指すものは同じ

街頭に立ち仲間を募ってきたカロリーネ王女。その成果があって、ウッドストック以外にも共に行動しようとする仲間が現れた。彼等の目的はカロリーネ王女のそれと異なるので、仲間と表現するのは微妙だ。それに目的が異なるというだけでなく、その彼等はもと…

異伝ブルーメンリッター戦記 #97 悩める人々

花の騎士団=ブルーメンリッターはゾンネンブルーメ公国領に入ってすぐの場所から、なかなか動けないでいる。魔王軍側がその位置に強力な防衛戦を敷いているのだ。 魔王軍の目的はローゼンガルテン王国主力の足止め。その間に後方ではユリアーナが率いる軍も…

異伝ブルーメンリッター戦記 #96 出会うべくして出会った二人

キルシュバオム公爵家によるローゼンガルテン王国支配は、当初の想定とは大きく異なり、停滞している。そもそも当初の想定が楽観的であり過ぎたのだ。魔人との戦いの最中に簒奪を行うことそのものが極めて楽観的ということだが。 ただキルシュバオム公爵であ…

異伝ブルーメンリッター戦記 #95 名も無き勇者たちよ!

前面に展開しているのは鬼王軍およそ一万。そのほとんどは魔物だ。鬼王軍にとってはいつもの陣形。前衛に魔物を配置して、敵の足を止めさせる。その上で味方の魔法や弩砲などで遠距離攻撃を行う。魔物の犠牲など気にすることはない。魔物はいくらでも補充が…

異伝ブルーメンリッター戦記 #94 シナリオを失った今、先に何があるのかなど分からない

ブラオリーリエに残った鬼王軍に対してジグルスは積極攻勢に出ている。数の上では敵は予想通り、魔物が増員されて一万五千。それに対して味方は二千と圧倒的に劣勢であるが、そんなことで怯んではいられない。数で優位に立てる状況など元から期待していない…

異伝ブルーメンリッター戦記 #93 敵側の配役に問題があるのは物語として正しいのか?

リリエンベルク公国の冬の訪れは早い。あくまでもローゼンガルテン王国領の中では、であって更に北の国々はすでにほぼ全土が雪に覆われている。リリエンベルク公国の北部も同じ。すっかり雪景色だ。その雪景色は徐々に南部に広がっていく。ブラオリーリエの…

異伝ブルーメンリッター戦記 #92 敵味方の区別が複雑さを増していく

リーゼロッテの父マクシミリアンはブラオリーリエの南にある街グラスルーツにいる。リリエンベルク公爵家、今はテーリング家と呼ぶのが適切かもしれないが、の当主であるマクシミリアンがいるその街がリリエンベルク公国の都、政治の中心ということになる。 …

異伝ブルーメンリッター戦記 #91 物語が破綻すれば登場人物たちは解放される

まんまとローゼンガルテン王国の実権を手に入れたキルシュバオム公爵家。だがそれを喜んでいるだけではいられない。現状は自公国と王都、そして軍事力を押さえているだけでローゼンガルテン王国全体に支配が及んでいるわけではないのだ。同盟関係であるゾン…

異伝ブルーメンリッター戦記 #90 そして物語は破綻の時を迎えた

カロリーネ王女を乗せた馬車は街道を西へと進んでいる。ローゼンガルテン王国の王女である彼女が乗るには相応しくない、行商人が使用するような粗末な馬車だ。さらに乗っている彼女の服装も町娘が着るような粗末、というのはカロリーネ王女が普段着ている服…

異伝ブルーメンリッター戦記 #89 それぞれがそれぞれの新しい物語の役割を演じ始めた

ジグルスが率いる勢力、アイネマンシャフト王国の参戦はリリエンベルク公国における戦いを複雑にした。といってもそれを仕掛けたジグルスにとっては当然、複雑なんてことはなく、かつリリエンベルク公国軍は、それを率いるリーゼロッテが新たに参戦してきた…

異伝ブルーメンリッター戦記 #88 新たな物語の結末はまだ決まっていない

ブラオリーリエの戦いは、苦しい状況ながらも何とかリリエンベルク公国軍が持ちこたえているという状況だ。リーゼロッテの強力な魔道具も含めたリリエンベルク公国軍の遠距離攻撃による犠牲を恐れて、魔人軍側が慎重に動いているという点も戦いが長引いてい…

異伝ブルーメンリッター戦記 #87 ストーリーが塗り替えられていく

ローゼンガルテン王国と魔人軍の戦いはその状況を一変させた。だがローゼンガルテン王国はまだ事態を把握しきれていない。各地から次々と新しい情報が届いてはいるが、あまりに予想外の状況に分析が追いついていないのだ。それでもある程度、情報が揃い、仮…

異伝ブルーメンリッター戦記 #86 このシナリオは誰が書いたものなのか

戦いが思い通りに進んでいないのはローゼンガルテン王国だけではない。敵である魔人軍側にも多くの誤算が生まれ、それによって計画は大いに狂っている。 中でも一番の問題はジグルスの存在、であるのだが魔人軍にはまだそれほどの危機感はない。彼等にとって…

異伝ブルーメンリッター戦記 #85 これはアドリブではない。台本を変えようとしているのだ

ローゼンガルテン王国にとって現状は、様々な点で思い通りに進んでいない。そもそも何をもって思い通りというのか。それさえもあやふやになってきているのだ。 もっとも大きな誤算はリリエンベルク公国内での戦い。魔人軍に占拠されたはずの、状況が分かった…

異伝ブルーメンリッター戦記 #84 ストーリー通りといっても現実のその形は様々だ

ブラオリーリエの戦いはやや停滞している。停滞は魔人軍からみた場合の表現であって、リリエンベルク公国側としては南部への侵攻を食い止めているのだから善戦だ。だからといって喜ぶ気にはなれないが。 リリエンベルク公国にとっての勝利は、侵攻を止めるこ…

異伝ブルーメンリッター戦記 #83 少しだけ主人公の気持ちが分かった気がした

いくつかの種族、部族を味方につけたジグルス。そのジグルスの拠点はリリエンベルク公国東部、大森林地帯に近いところにある。 魔人の本拠地の一つである大森林地帯の近くにあえて拠点を構えたのは、エルフ族の一部が味方してくれることが決まったから。その…

異伝ブルーメンリッター戦記 #82 新しい物語は過去の想いを受け継いでいた

撤退した獣王軍に代わってブラオリーリエ攻めを担当しているのは大魔将軍オグルが率いる鬼人系魔人で編成された鬼王軍。獣王軍に比べると五千と少ないが一人一人の力は上だ。あくまでも平均としてであって個々の力比べとなるとどちらが上とは言い切れないが…

異伝ブルーメンリッター戦記 #81 主人公が演じることを放棄したくなったら

リリエンベルク公国軍の最大拠点となっている南部の街ブラオリーリエ。敗走してきた兵士が各地から集まってきて、今はその数は万を超えた。ただこれまで街を落とされずに守ってこられたのは味方の数が増えたからではない。 軍を入れ替えて、ということはリリ…

異伝ブルーメンリッター戦記 #80 舞台に引き出される人々

リリエンベルク公国領北部にある街リム。これといった地場産業はないが、さらに北、ローゼンガルテン王国の北の国境と接しているいくつかの小国との交易窓口としての役割を持っていることから、北部では中堅くらいの規模となっている街だ。そうはいってもリ…

異伝ブルーメンリッター戦記 #79 新たな物語では主要キャラも変わってくる

リリエンベルク公国の陥落、そして封鎖は徐々に民衆の耳にも届くようになってきた。リリエンベルク公国内との取引を行っている商人たちがその最初。その商人たちから他の人々に話が伝わっていった。ただその段階になるとローゼンガルテン王国も隠すよりも、…

異伝ブルーメンリッター戦記 #78 魔王としての「初めてのおつかい」、ではない

ブラオリーリエを攻め落とそうとした魔人軍は引いた。だからといってリリエンベルク公国での戦いが終わったわけではない。再侵攻してくることは間違いなく、他の地域でも魔人軍はいくつかの部隊に分かれて、公国領の制圧に動いている。 その一つが獣王軍第二…

異伝ブルーメンリッター戦記 #77 主人公の物語が狂い始める

リリエンベルク公国が魔人の手に落ちた。この情報を得たあともブルーメンリッター、花の騎士団はキルシュバオム公国を離れていない。これまで同様、目の前の戦いに追われていた。 同様といっても戦況に関しては以前よりも厳しい。花の騎士団の主力の一人、ユ…