月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

更新!「月の文庫ブログ」掲載小説一覧

月の文庫ブログにて掲載している小説の一覧です。話数が増えてくると、ブログ形式では第一話を探すのが面倒かと思って、このページを用意してみました。 ※2019年11月20日「全話一覧」へのリンク追加 少しずつですが掲載小説は増やしていきたいと思っています…

黒き狼たちの戦記 第22話 また、さらに気の進まないお仕事です

西のベルクムント王国と東のオストハウプトシュタット王国。この二大国にまとまって対抗する為に中央諸国連合は出来上がったのだが、ノイエラゲーネ王国がベルクムント王国の謀略に協力したように、必ずしも一枚岩とは言えない状態だ。それぞれ自国を存続さ…

四季は大地を駆け巡る #137 意外な策士

ヒューガの失踪は翌日の早朝には明らかになった。毎日、早朝から夜遅くまで鍛錬や仕事やらで忙しくしているヒューガだ。その姿が見えないとなれば、すぐに何かあったと周囲の人は気付く。まして前日の出来事を考えれば。 行く先は明らか。アイントラハト王国…

四季は大地を駆け巡る #136 明らかになったズレ

アインシュリッツ王国。これが旧ダクセン王国領に新たに建国された国の名だ。その領土はダクセン王国であった時とほとんど変わらない。変わったのは東方争乱当初にマンセル王国が奪った部分で、それ以外は元のままだ。レンベルク帝国との国境は元のまま、そ…

四季は大地を駆け巡る #135 動き出す悪意

イーストエンド侯爵の領主館では、普段とは異なる緊迫した雰囲気の中で打ち合わせが行われていた。パルス王国南部を占拠した魔族と裏切った南部貴族たちの討伐にイーストエンド侯爵家からも軍を出すことが王都で決まった。それを受けた軍事会議が開かれてい…

四季は大地を駆け巡る #134 落としどころ

傭兵王が敗北を認めたことでマーセナリー王国の情勢は一気に変化した。相変わらず各地に割拠している勢力は存在しているが、どれもそう遠くないうちにマリ王国に吸収されるか、奪えるだけ奪って解散するかのいずれかを選択することになる。それ以外の選択肢…

四季は大地を駆け巡る #133 人、物、土地。求めるものはそれぞれ

サウスエンド伯爵家の居城があるエルツシュロスは、当然だが、南部最大都市。サウスエンド伯爵家の家風もあって華やかさにはやや欠けるものの、南部経済の中心地として多くの人々が行き交う賑やかな街だ。本来は。 今現在、エルツシュロスを訪れる商人や旅人…