月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

更新!「月の文庫ブログ」掲載小説一覧

月の文庫ブログにて掲載している小説の一覧です。話数が増えてくると、ブログ形式では第一話を探すのが面倒かと思って、このページを用意してみました。 ※2019年11月20日「全話一覧」へのリンク追加 少しずつですが掲載小説は増やしていきたいと思っています…

四季は大地を駆け巡る #141 招いた悲劇

逃げるヒューガたちを追いかける優斗の前に立ち塞がったのはギゼン。戦場に現れたのは彼だけではない、ホーホーに騎乗した春の軍、そして秋の軍の一部が、ヒューガたちの脱出ルートを切り開く為に動き回っている。彼らにとって魔王軍もイーストエンド侯爵家…

四季は大地を駆け巡る #140 宣言

激しい戦いが行われていた戦場に静けさが広がっていく。優斗のやり様に呆れた多くの魔族が、成り行きを気にして戦いの手を止めた結果だ。劣勢であったイーストエンド侯爵家軍もその隙をついて反撃に出るような真似はしない。一時、優勢になってもすぐに戦況…

四季は大地を駆け巡る #139 望まない再会

イーストエンド侯爵家本軍の救援の為に編制された軍勢は、魔王である優斗が自ら率いる軍勢による奇襲を受けて、崩壊した。指揮官であるチャールズの安否は不明。陣を逃れたのは間違いないが、その後の消息は、現時点においては、明らかになっていない。 この…

四季は大地を駆け巡る #138 外れた枷

パルス王国軍による南部奪回作戦は三方向からの同時侵攻を行うというもの。それによりもともと数は少ないはずの敵戦力を分散させて戦いを有利にする。もしくは一か所に敵を集中させて、その間に他の二方面軍が南部に深く攻め入り、サウスエンド伯爵家の本拠…

黒き狼たちの戦記 第32話 知らないところで色々と動き出している

ベルクムント王国の都ラングトアは感謝祭を間近に控えて、大いに賑わっている。街は華やかに彩られ、大通りには普段は見られない露店が数多く並んでいる。感謝祭当日以降は自宅で家族との団らんの時を楽しむというのが一般的な慣習。商店や露店にとってはそ…

黒き狼たちの戦記 第31話 与えられた仕事が嫌になることってあるよね

王国騎士団の鍛錬場。そこに三団対抗戦の参加者が一同に会している。とはいえ、まだ本番は先。今日は公開練習日だ。これもアルカナ傭兵団を有利にしない為に必要なこととして、今年初めて行われた。 今年のアルカナ傭兵団から選抜された上級騎士は全員が初参…