月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

ファンタジー小説-黒き狼たちの戦記

黒き狼たちの戦記 第9話 隠すことで見つかることもある

クローヴィスとフィデリオが正式に従士になったことで、ヴォルフリックの日々のスケジュールは変化することになった。図書室で調べ物をする時間が減少。ギルベアトが資料を残していないとなれば、本当に調べたいことを調べる時間しか必要なくなったのだ。そ…

黒き狼たちの戦記 第8話 強くなると決めて何が悪い?

ヴォルフリックの日常は、スケジュールこそほとんど変わらないが、中身は大きく変わることになった。一番大きな変化は従士がついたこと。従士試験に合格したブランドはその日のうちにヴォルフリックに合流した。彼がヴォルフリックの従士になる為に試験を受…

黒き狼たちの戦記 第6話 勝手に絡んでくるな

アルカナ傭兵団の施設で暮らすことになったヴォルフリック。その生活は実に規則正しいものだ。夜が明けると共に起き出して、下の階の鍛錬所で体を動かす。それを終えると隣の棟との間にある水浴び場に行って汗を洗い流し、そのまま図書室に向かう。昼食の時…

黒き狼たちの戦記 第5話 面倒くさそうな奴ばかり

アルカナ傭兵団の施設は王城のすぐ隣、王国騎士団と一部の施設を共有しているが、その部分を除いても、かなり広大な敷地だ。そこにあった王家と有力貴族家の屋敷はすべて取り壊し、王国騎士団の施設があった場所はそれを別の場所に移し、さらに王城の敷地だ…

黒き狼たちの戦記 第4話 これ以上の鎖は必要か?

翌朝、まだ日が昇って間もない時間にヴォルフリックは地下牢から出されることになった。思っていたよりも遥かに早い解放だ。さらに地下牢から出たあとの待遇も悪いものではない。 まっさきに連れて行かれたのは水浴び場。そこで体の汚れを落とすことになった…

黒き狼たちの戦記 第3話 視えない未来、見えない鎖

大広間での出来事を終え、ディアークは執務室に戻った。普段、公務を行っている部屋ではない。私室のすぐ隣にあるちょっとした残り仕事を片付ける為、もしくはごく限られた者たちとだけ、リッラクスした雰囲気で話をする為に使っている部屋だ。 今は後のほう…

黒き狼たちの戦記 第2話 愚者呼ばわりするな

ノートメアシュトラーセ王国城内の大広間。奥に置かれている玉座にはすでに国王であるディアークが座っている。その玉座の左右に並ぶのはアルカナ傭兵団の団員、その中でも上級騎士たちだ。進行中の任務もあり、この場に全員が揃っているわけではないが、そ…

黒き狼たちの戦記 第1話 解き放たれた運命

三百年ほど前までは、存在する全ての国の名前どころか数でさえも正確に把握している人は誰もいなかったであろうランデマイスター大陸も、長い争いの時を経て、大陸で暮らす多くの人々が国名を覚えられるくらいまでにまとまってきている。それだけ沢山の国が…