月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

ファンタジー小説-四季は大地を駆け巡る

四季は大地を駆け巡る #111 儚い野心

パルス王国に新王が即位して半年以上が経った。その間、パルス王国は特に大きな問題もなく落ち着いている。親王派という新たな派閥の登場は人々を驚かせたが、それによりパルス王国の政治に乱れが生じるようなことはなかった。 そもそも新たな派閥の領主とな…

四季は大地を駆け巡る #110 歪んだプライド

パルス王国とミネルバ王国との国境付近にある森林地帯。そこにある岩山に空いた小さな穴。人が二人で通れるかどうか程度の穴ではあるが、その穴の奥には驚くほど広い空間が広がっている。 先に進むにつれて幾つにも分岐する横穴。一度奥まで入ってしまうと二…

四季は大地を駆け巡る #109 決裂

婚姻の儀に続いて、新王即位の儀が行われて数日後。一般の人々の生活が普段のものとなったと同じように、王城に勤める人たちも宴の気分を振り払い、日々の仕事に勤しんでいる。そしてそれは国政を担う重臣達も同じ。 今日も定例の閣僚会議が始まった。玉座に…

四季は大地を駆け巡る #108 評価は一方的に行われるものではない

ぎりぎりで釣れたイーストエンド侯爵にヒューガが案内されたのは、披露の儀が行われている大広間のすぐ近くにある部屋。今回のように宴が行われる時の来客者の控室として使われる部屋の一つだ。 来客者に割り当てないで余らしている部屋なので、それほど豪奢…

四季は大地を駆け巡る #107 これも外交といえるのだろうか?

婚約披露の儀はローズマリー王女とアレックスの登場で一気に盛り上がった……という事にはならなかった。特に国内の貴族たちはパルス王国の国政の実権が再び四エンド家に戻った事を知っている。それに対して新たな王になるはずのアレックスはどうでるか。自分…

四季は大地を駆け巡る #106 駆け引き

先王の一年の喪が明けたと同時に取り払われた弔旗に代わって、王都のあちこちにパルス王国旗が掲げられている。金糸で縁取られた赤の布地に王冠をかぶった金色の獅子の姿。戦いの場で常に建国王の側にいたと言う金色の獅子の伝承に基づいて作成された図柄だ…

四季は大地を駆け巡る #105 時代は変わる

戦後処理が終わってアレックスは報告書に追われることはなくなった。近衛第一大長の職もすでに退いており、現在のアレックスは近衛大隊付という形での実質、無職。あとはただ婚姻の儀、その後に控える即位の儀を待つだけの身だ。 だがアレックスの毎日は忙し…

四季は大地を駆け巡る #104 恋は錯覚と紙一重

パルス王国が行方を捜している魔王軍残党は、パルス王国の予想を覆して、ノースエンド伯爵領の東にある森林地帯にいた。 魔族は森の奥をいくつもの小集団に分散して森林地帯を進んでいる。目的地はイーストエンド侯爵領の南方。東方同盟との国境にある森林地…

四季は大地を駆け巡る #103 勝って兜の緒を締めよ

国王の死から半年以上も経つと国民感情も以前と変わらないものになる。街には相変わらず多くの弔旗が掲げられているが、住民の多くはそれに慣れており、特に気にすることなく日常生活を営むようになっている。表面上、王都は元の賑わいを取り戻していた。 だ…

四季は大地を駆け巡る #102 お節介は時に煩わしく、時にありがたい

ローズマリー王女の婚約者、次代の王位を継ぐ者となっても正式の婚儀を終え、王への即位の儀を終わらせるまでは、アレックスは近衛第一大隊長のままだ。特にやる事は変わらない。変わった事といえば、総大将としての戦後処理で山ほどの報告書に目を通し、そ…

四季は大地を駆け巡る #101 政争の勝者

王都はひっそりと静まり返っている。建物には黒い弔旗が掲げられていて、それがなお一層、王都の雰囲気を暗いものにしている。その王都の大通りをゆっくりと進む軍。魔族領侵攻軍だ。 盛大な凱旋式典など当然行われない。一旦、王都の外で野営地を組んだ軍は…

四季は大地を駆け巡る #100 揺れるパルス王国

この数か月、パルス王国は激動の時を迎えている。時に悲痛が、時に歓喜がパルス王国に住む人々の間を駆け巡った。 最初に届いたのは訃報。ノースエンド伯が魔族との戦いで戦死したというものだ。事情を知っている者にとってそれはにわかには信じがたいものだ…

四季は大地を駆け巡る #99 揺れる心

魔王城の奥深くにある寝室には対照的な男女が向かい合って座っている。興奮冷めやらぬ、といった様子で盛んに話しかけている男とその話を沈痛な面持ちで聞いている女。 自らを魔王と呼ぶようになった優斗と魔族であるライアンの所有物となった美理愛の二人だ…

四季は大地を駆け巡る #98 新魔王誕生

美理愛が優斗に付き従って辿り着いたのは魔王城の奥にある一室。そこは魔王を抱えた魔将が出てきた部屋だ。 廊下には二体の死体が折り重なったまま、置き去りにされていた。それを気にすることなく、優斗は横を通り過ぎ奥の部屋に入っていく。 部屋の真ん中…

四季は大地を駆け巡る #97 愚者の愚策

目の前にそびえるのは真っ黒に染まる城。魔王城と呼ぶには優美な雰囲気を醸し出す城。そう考えた美理愛は自分の思い込みを反省することになる。ヒューガは言った。「魔族の魔は悪魔の魔ではない。魔力の強い一種族の呼び名に過ぎない」と。頭では理解してい…

四季は大地を駆け巡る #96 まさかの可能性

テーブルの上に置かれていたティーカップを手に取り、口に運ぶ。すっかり冷めてしまい香りも抜けた紅茶など美味しくはないのだが、今はただ乾いた口を潤せればそれで良い。 セレネから送られてきた連絡文。久しぶりに送られてきたのでよほどのことだと覚悟し…

四季は大地を駆け巡る #95 将来の為に

今日は週一回行われている全体会議の日。大会議室には各部署の責任者たちが集まっている。新たに加わった三人も参加だ。その三人が増えただけで会議の様子はかなり違うものになっている。色々な物事が動き出し、もともと取り組んでいた問題もその解決の勢い…

四季は大地を駆け巡る #94 想いを抱えた人たち

広い執務室。そこに置かれた大臣でも使いそうな大きな机。座り心地の良い椅子。働く環境としては申し分ない。マリ王国では下級役人であったユリウスにとっては、かなり恵まれた職場環境だ。グランと二人だけでなければ。 目の前に山と積まれた書類。その全て…

四季は大地を駆け巡る #93 試される人たち

カール将軍はヒューガとの謁見を終えて、部下たちが待っている場所に向かった。 そして辿り着いたのは、王都から離れた場所にある東の拠点。そう聞かされているだけで、実際に移動したカール将軍に離れた場所に移動したという実感はない。扉を一つくぐっただ…

四季は大地を駆け巡る #92 招聘された人たち

ドュンケルハイト大森林の奥深くにそれはあった。彼が知る王都、王城とはかなり趣は異なるが、ここは間違いなくこの国の王が住まう場所。彼はエルフの王国にやってきたのだ。 もっとも正面の玉座に座っている人物はエルフ族とは思えない。かろうじてエルフか…

四季は大地を駆け巡る #91 大森林で生きるということ

冬樹が目覚めた。夏に三日遅れての復活だ。これは予想していたよりも早い。剣術一辺倒であった冬樹は魔力量はもっと少ないと思われていたのだ。実際は間違っていない。冬樹の魔力の絶対量は夏に比べるとかなり少ない。そうであるのに復活が予想より早かった…

四季は大地を駆け巡る #90 変わらないもの、変わったもの

気が付いた時、夏は見知らぬ部屋のベッドで寝かされていた。シルフと結んだ途端に、魔力切れで気を失った。あらかじめ知らされてはいたが、あれは不意打ちと同じ。気絶する前に頭に浮かんだ文句をすぐに言いに行こうと、夏は部屋を出て、ヒューガに会いに向…

四季は大地を駆け巡る #89 王として臣下としての心構え

ヒューガは結論の出ない思考の渦に巻き込まれたような気がしてきた。一人になってからずっと考えていた。自分は何をやりたいのか、と。王になった。多くのエルフたちを助けた。国の整備を頑張って行っている。仲間が多くなった。さらに新たな仲間を増やすこ…

四季は大地を駆け巡る #88 踏み出された一歩

ヒューガはタムに言われたことへの気持ちの整理がつかないままに、セレネに会うことになった。タムが語った「外に目を向けるべき」の外は、ドュンケルハイト大森林の外のこと。セレネたち西の拠点に住む人たちのことではないのだが、仲間を増やすという点で…

四季は大地を駆け巡る #87 見えていない国の未来

早朝の鍛錬を終えて、ヒューガはいつもの会議室に向かう。会議の参加者はエアルとカルポとグラン、それにギゼンとタムも参加することになっている。 急いで向かったつもりだったのだが、ヒューガが会議室に着いた時には、すでに全員が揃っていた。今日から新…

四季は大地を駆け巡る #86 叶えられた約束

ヒューガは気を失った夏と冬樹の二人が用意していた部屋に運ばれたのを確認した後、バーバが待っている部屋に向かった。 待っていたのはバーバとギゼン、ともうひとりはタム。顔を知っているだけでヒューガは話したことがない。バーバが必要だと考えて同席さ…

四季は大地を駆け巡る #85 合流

パルス王国の王城よりも一層古めかしい雰囲気のこの場所は、かつてエルフの国の城だった。今その城の主はエルフではなく、異世界からやってきた人間。 初めて見るドュンケルハイト大森林はとても美しかった。とてもこの世界で最も危険な場所と言われていると…

四季は大地を駆け巡る #84 過小評価、過大評価

会議室にイーストエンド侯爵家の主だった者たちが集まっている。定期的に開催されている全体会議の為であるが、今日の主要議題はいつもとは違う。 同時に現れた盗賊手段のこと、そして忽然と消えてしまったヒューガの仲間たちに関する調査報告がメインだ。 …

四季は大地を駆け巡る #83 広がる溝

クラウディアは仲間たちと共に森の奥に向かって進んでいる。全体で五十人のパーティ。当初予想していたよりも少ない数だ。パーティの中にはイーストエンド侯爵の配下の人も多くいる。それを考えると予定の三分の二程度しか集まらなかったことになる。 それで…

四季は大地を駆け巡る #82 裏の顔

夏たちと別れて城に向かうクラウディア。その足取りは重い。ジュンに言われたことに胸を痛めているのだ。 自分はヒューガと別れてから何も変わっていない。クラウディアにはその自覚があった。だが、変わる為に何もしていないと他人から言われると、ここまで…