月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

悪役令嬢に恋をして #31 後悔先に立たず

エアリエルが監察部に拘束された後。アーノルド王太子たちは、まさかの事態に青ざめた顔で茫然と立ち尽くしていた。 そんな中で唯一状況を理解していない者が居る。マリアだ。 「良かった。これで一件落着だわ」 こんな場違いな発言をしてしまう程に。周囲の…

悪役令嬢に恋をして #30 イベント:悪役令嬢糾弾

学院全体が、不穏な空気に覆われるようになった。 アーノルド王太子が宮内局に手を回して、リオンを強引に罷免させたという事実が、あっという間に噂として生徒たちの間に広まってしまったのだ。 平民、そしてリオンたちと接点のあった下級貴族の生徒たちは…

悪役令嬢に恋をして #29 抗う者のいない世界

アーノルド王太子にとって、エアリエルからリオンを引き離せるという情報は大歓迎だ。エルウィンの話はアーノルド王太子を大いに喜ばせた。 それはまだアーノルド王太子には、エアリエルへの未練があるということなのだが、それについて誰も気にする者はいな…

悪役令嬢に恋をして #28 向けられた悪意

舞踏会での騒動は、リオンを大いに動揺させていた。 リオンは、確実に物事は好転していると思っていた。ヴィンセントは身分の低い生徒たち限定とはいえ、多くの人たちに慕われるようになっている。エアリエルとアーノルド王太子の距離は、リオンが驚くほどの…

悪役令嬢に恋をして #27 学内舞踏会

校舎の中を貴族の使用人たちが慌ただしく動き回っている。今日行われる舞踏会の準備の為だ。女子生徒たちは特に晴れの舞台を前にして、準備に余念がない。使用人たちが忙しくしているのはその為だ。 学院開催の舞踏会は、貴族としての嗜みを身に付ける為の授…

悪役令嬢に恋をして #26 手に入れた武器

平民の生徒たちとの接近はリオンにも良い影響を与えている。 平民が王国学院に入学するには、かなり厳しい試験に合格する必要がある。元々、平民であっても国政の場に登用するだけの価値があるかどうかを入学段階で試すという意図だったので、その難しさは並…

異伝ブルーメンリッター戦記 #45 物語の分かれ道

会場にいるほぼ全ての生徒たちが踊りに参加している。その様子を壇上から眺めているエカードは満足そうだ。これがエカードの望んでいた形。学院行事のお祭りは貴族の生徒たちと平民の生徒たちとの間にあった垣根を取り払い、全員が楽しめるものになっている。…

異伝ブルーメンリッター戦記 #44 登場人物がまた増えた

ユリアーナの卑劣な謀を知っても、それに怯えることなくクラーラは活動を継続している。実際に襲われることになっていれば、また違った決断をしたのかもしれないが、ジグルスのおかげでその身を傷つけられることはなかった。以前よりも闘志を燃やしているく…

異伝ブルーメンリッター戦記 #43 チート主人公と魔人は紙一重

エカードは学院を一つにまとめることに苦心している。それを実現する為の土台は出来上がっている。リーゼロッテとタバートの二人と話し、自分の意思を伝えた。どちらも、リーゼロッテは積極的ではないが、同意は得ている。平民の生徒たちとは接する機会を増…

異伝ブルーメンリッター戦記 #42 敵味方の役柄は変えられるのか

クラーラは何者なのか――これを考える人はいない。仮にいたとしても答えは見つけられないはずだ。それが出来るのはジグルス・クロニクスただ一人。彼だけが答えを導き出せる、その彼も答え合わせをすることは出来ないが。 活発になったクラーラの行動はまるで…

異伝ブルーメンリッター戦記 #41 主要キャラの初恋?

ジグルス・クロニクスとは何者なのか――自分が転生者だと知り、そうでありながら特別な才能を有していないと思い知った時からジグルスはそれを考えていた。さらにこの世界がゲーム世界であり自分の名は登場人物にはないと知ったあとは、その考えに囚われてい…

異伝ブルーメンリッター戦記 #40 見えなくなった物語の行く末

ジグルス・クロニクスとは何者なのか―― リリエンベルク公爵家従属貴族クロニクス男爵の一人息子。母親はエルフだと噂されている。貴族家の嫡子としては滅多にいるものではない。少なくとも過去、ローゼンバッツ王立学院にそういった生徒が入学したことはない…

異伝ブルーメンリッター戦記 #39 モブキャラの教え

エカードの命令に従って、ということにして、ジグルスについての情報収集を始めたクラーラ。その行動は精力的だった。 まず行ったのは徹底した聞き込み。ジグルス・クロニクスという生徒を知っているか、知っているなら彼がどういう人か知っているか。彼に関…

異伝ブルーメンリッター戦記 #38 モブキャラに向けられる目

リーゼロッテは今日も放課後の部室に一人で残って、考え事をしている。考えているのはジグルスのこと。だが今日はこれまでとは考える内容が違う。何故、ジグルスに心を惹かれるのか。その答えはもう得られたのだ。 ユリアーナとジグルスの立ち合いを見ていた…

異伝ブルーメンリッター戦記 #37 モブキャラの覚悟

授業中は以前と同じように自身の存在感を消し去っているジグルス。だが実技の時間である今は、さらに強く意識して気配を消している。立ち合いなどに参加させられことなく、授業の見学していたいからだ。 怠けたいからではない。授業はサボっているが、見学し…

異伝ブルーメンリッター戦記 #36 再登場もあるかも

主人公たちの訓練を見学したあと、約束通り、カロリーネ王女との面会に赴いたジグルス。だがカロリーネ王女のほうは少し約束を破った、は言い過ぎかもしれないが、隠し事をしていた。 案内された部屋にいたのはカロリーネ王女の兄。次期国王になる予定のアル…

異伝ブルーメンリッター戦記 #35 登場キャラでしたか?

ローゼンガルテン王国騎士団の訓練場。騎士にしてはかなり若い、せいぜい見習い騎士にしか見えない者たちが、そこで訓練を行っている。見た目通り、彼等は騎士ではない。学院の生徒たちだ。 エカード、ユリアーナ、レオポルド、マリアンネやウッドストック、…

異伝ブルーメンリッター戦記 #34 モブキャラの友情

学院に復帰したジグルスは以前同様、忙しい毎日を送っている。以前と異なるのはその動きがまったく周囲には見えないこと。一年生の時と同じように、存在感を完全に消していた。 勉強の内容も戻している。軍事に傾いていたものを、学院に来た本来の目的である…

異伝ブルーメンリッター戦記 #33 モブキャラには気をつけろ

ローゼンガルテン王国は戦時体制に移行した。ただその事実は公にされていない。魔人との本格的な戦いが始まったわけではない。今はまだ情報を収集し、要所と思われる場所に軍を配置するなどの準備段階。この時点で国民の不安を煽る必要はないという判断から…

異伝ブルーメンリッター戦記 #32 リ・スタート

臨時合宿での事件から一ヶ月が過ぎ、学院は完全に落ち着きを取り戻している。授業も、合宿に備えた鍛錬は当然なくなり平常通り。戦闘系の授業においては、一部の生徒たちにおいて真剣味が増し、以前よりも激しいものになっているが、それは悪いことではない…

異伝ブルーメンリッター戦記 #31 リセット

陽の光を遮る為に半開きにされた白いカーテンが、窓から入る風に揺れている。外は快晴。強い日差しと、その暑さを和らげてくれる心地よい風。多くの人の心を明るくする、気持ちの良い天気なのだが、それによってリーゼロッテの心が沸き立つことはない。 カー…

異伝ブルーメンリッター戦記 #30 イベント:臨時合宿(後編)

自分は何をやっているのだろう。今は出来るだけ心を空っぽにしなければならない時だと分かっているが、そんな思いが心に浮かぶのを止められない。 リーゼロッテを助ける為。確かにそうなのだろうと思う。だが自分の命を捧げてまで守るべき相手なのか。 彼女…

異伝ブルーメンリッター戦記 #29 イベント:臨時合宿(中編)

森の中に、きちんと整備されているとは言い難いが、道が延びている。目的地である駐留地へと続く道だ。こういった道は三本あるのだが、エカードのチームが進んでいるのは合宿所を出て左に進むルート。三本の中でもっとも整備不足で遠回りの道だ。最も強力で…

異伝ブルーメンリッター戦記 #28 イベント:臨時合宿(前編)

ジグルスが合宿所を訪れるのはこれで二度目。その様相は以前とはまったく変わっていた。保養所として利用されていた合宿所は、それに相応しい快適さを持った場所だった。豊かな緑に囲まれたのどかな雰囲気。宿泊施設も下手な宿屋よりは遙かに贅沢な造りで、…

異伝ブルーメンリッター戦記 #27 登場人物たちの査定

臨時強化合宿は学院の行事という形になっているが、企画したのはローゼンガルテン王国。そしてその運営はローゼンガルテン王国騎士団が行うことになっている。魔人との戦いに備えての新戦力の発掘。これが本当の、王国騎士団が聞かされている臨時強化合宿の…

異伝ブルーメンリッター戦記 #26 モブキャラは何者?

合宿まで残り一ヶ月。授業中に行われる訓練はより実戦的なものになっている。三チームでの対抗戦が毎回行われているのだ。 その結果は始まる前から予想されていた通りのもの。エカード率いるチームが対戦成績でダントツの一番。それにタバートのチームが続き…

異伝ブルーメンリッター戦記 #25 敵味方の区別は……

学院の授業時間。今日のチーム練習は他の生徒たちに任せて、ジグルスはリーゼロッテと二人で他チームの訓練の様子を眺めている。参考にしようというのではない。リーゼロッテのチームと他の二チームの戦い方は大きく違う。真似るべきものは、あればもちろん…

異伝ブルーメンリッター戦記 #24 物語はどこに向かっているのか

ジグルスは忙しい。合宿に向けた準備、その計画部分はほぼジグルス一人で行っているのだ。 他の生徒たちがサボっているというわけではない。彼等には彼等でやることがある。個人として、今よりももっと強くなること。部隊として連携した動きを身につけること…

異伝ブルーメンリッター戦記 #23 物語は一つではない

向かい合う敵はおよそ三十。味方に比べて少し多いくらいだ。だがジグルスを含む前衛に余裕の色はない。簡単に打ち破れるような敵ではないのだ。 敵は隊列を組むことなく、まとまって近づいてくる。前回、強化合宿でジグルスたちが魔物と戦った時と同じ状況だ…

異伝ブルーメンリッター戦記 #22 敵役は敵であって悪ではない

学院の授業が熱を帯びるようになった、といっても一部の授業だけだ。中でも剣の授業は、合宿に参加する生徒たちにとっては放課後以外に鍛えられる貴重な時間。鍛錬場のあちこちで激しい立ち合いが行われていた。 それはリーゼロッテたちも変わらない。チーム…