月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

勇者の影で生まれた英雄 #154 葛藤

国王と王弟との争いが本格化している中、クリスティーナ王女は第三勢力を作りあげた。作りあげたといってもその勢力は小さなものだ。活動を支える金銭や物資などは周辺貴族たちの支援のおかげで困ることはない状況であるが、肝心の戦力は銀狼傭兵団百名のみ…

勇者の影で生まれた英雄 #153 本格始動

貴族領をまるまる一つ制圧したクリスティーナ王女派。本人の決意は固まっていないのだが、事情を知らない周囲からはそう見られている。 その事実を知った国王はすぐに近隣の貴族家に討伐を命じた。クリスティーナ王女の下にいる兵力は数百、それも半分以上が…

勇者の影で生まれた英雄 #152 意外性は大事

ギルバート宰相は忙しい時間の中、エドワード王との打ち合わせの時間をもうけた。エドワード王との会議は頻繁に行われている。だが今日話し合う内容は他の人がいる会議の場で話すべきことではない。そう考えてエドワード王に個別に時間をとってもらったのだ…

勇者の影で生まれた英雄 #151 決戦の足音

西の大国ウェストミンシア王国の都。いうまでもなく西方最大の城郭都市であるその場所に、遠征を終えた将兵たちが帰還してきた。それを迎える王都の住民たちは大騒ぎ。勝敗に関係なく、とにかく家族が無事に帰ってきてくれた事実だけを喜んでいる人々も多い…

勇者の影で生まれた英雄 #150 指された一手

王都での軍事会議。すでに事が動いている今となっては各地の状況が計画通りに進んでいるかを確認し、問題があればその解決策を検討することが主、であるべきなのだが今日の会議はそういうものではなくなっている。 その理由はカー大将軍を通じて伝えられたア…

勇者の影で生まれた英雄 #149 善悪と正誤

憧れていたグレンの成り上がり英雄譚。それが自分の思っていたようなものではなかったことをクリスティーナ王女は思い知らされた。勝者の反対側には敗者がいる。勝者側の英雄は敗者の側から見れば大悪人だということを彼女は知った。 クリスティーナ王女が決…

勇者の影で生まれた英雄 #148 優しい人々に囲まれて

フローラが街に出られる機会が増えている。今の段階で正式に王妃にするという決断はエドワード王には出来ない。そうであってもフローラの魅力を無駄にすることはない。多くの護衛を従え、王家の紋章が記された馬車に乗っていれば人々は勝手にそういう立場の…

勇者の影で生まれた英雄 #147 別の価値

第三軍の出撃は見送られている。中央を空にするわけにはいかない、というだけでなく訓練不足もその理由だ。トリプルテンの影響で多くの部隊でかなり厳しい訓練が行われるようになっているが、その成果が現れるにはまだ時間がかかる。ある程度、形になったと…

勇者の影で生まれた英雄 #146 神輿だってただ担がれていれば良いわけではない

虐殺の舞台として選ばれた村はレジス。三百人ほどの人々が住む、モンタナ王国では比較的大きな村だ。 その村が選ばれたのには一応は理由がある。領政への不満から過去に何度か騒動を起こしたことがあるからだ。不満を持たせるような政治を行うのが悪い、なん…

勇者の影で生まれた英雄 #145 心の支え

この先、クリスティーナ王女に対する策略はもっと分かりやすい形で動き出す。こう予想していたグレンではあったが、実際に起きた動きは意外なものだった。大勢の義勇兵が駐留していたハムスの街から消えたのだ。もっとも消えたと思っているのはクリスティー…

勇者の影で生まれた英雄 #144 迷信

ウェヌス王国軍が国境を侵犯した情報がモンタナ王国に届いた。初めはその意図が分からず、王弟に休戦を申し込むなどした国王ではあったが、その答えが拒否、それも王弟派の積極攻勢という形で返されたことで、ようやく事態を理解した。 そうなると国王側の危…

勇者の影で生まれた英雄 #143 足りないもの

ウェヌス王国軍が出陣した。第一軍と第二軍合わせて二万。ただ目的地は一つではない。主目的であるモンタナ王国で起きている内乱の王弟派支援にエリック・ハーリー大将軍率いる第一軍五千。残りの五千は後備も兼ねてアシュラム王国との国境近くへ、そしてア…

勇者の影で生まれた英雄 #142 見えないもの、見えていなかったもの

当面、実戦の予定はなかったはずの義勇軍。だが国からもたらされた情報がその予定を変えることになった。ハムスの街からそう遠くない位置にある村が、頻繁に盗賊の襲撃を受けているという情報だ。それを受けたクリスティーナ王女は討伐に出ることを決断した…

勇者の影で生まれた英雄 #141 探り合い

モンタナ王国内で国王派と王弟派の戦いが始まった。そうはいってもまだ局地戦。領地を並べている双方の派閥に属する貴族家が衝突したのだ。その衝突が全国に広がる気配は、今のところは、強くない。旗幟を鮮明にしていない貴族家はまだまだ多い。国王派はそ…

勇者の影で生まれた英雄 #140 予想通り?の展開

グレンたち銀狼傭兵団はモンタナ王国王女クリスティーナ率いる義勇軍に残ることにした。複雑な立場であるクリスティーナの軍にいることは、無駄な厄介事に巻き込まれる可能性がある。だが今現在それは可能性であり、問題が顕在化しているわけではない。なに…

勇者の影で生まれた英雄 #139 エドワード王の焦り

戦争の噂が王都内で広がっている。相手がどこかなど具体的な情報はない。出撃の時が近いようだというだけの漠然とした噂だ。それは仕方がない。噂を流した人たちが、それ以上のことを知らないのだから。噂の出所はトリプルテン、を教えている教官たち。軍事…

勇者の影で生まれた英雄 #138 目的は違っても

第三軍の訓練場に活気が溢れている、というのは大袈裟だ。全体としては普段と変わらぬ熱意で兵士たちは訓練に取り組んでいる。それはそれで活気があるというべきだが、それを遙かに超える熱意ある訓練を行っている部隊がある。第十大隊第十中隊第十小隊、ト…

勇者の影で生まれた英雄 #137 揺れる気持ち

モンタナ王国侵攻の準備。それは今のところ順調とは言えない。ウェヌス王国が望むよりも早く、事が動き始めているのだ。 モンタナ王国内の戦気は高まっている。国王と王弟の戦いはいつ始まってもおかしくない状態だ。それに合わせて王弟を支援する軍勢を送ら…

勇者の影で生まれた英雄 #136 目的を間違ってはいけない

モンタナ王国に不穏な空気が漂っている。王弟派が戦いの準備を始めたという噂が国内に広まっているのだ。本来であれば秘匿すべき反乱準備。それが決起する前に広く知れ渡ったのは王弟派に隠す意図がないから。国王派を刺激し、内乱のきっかけを作る為だ。そ…

勇者の影で生まれた英雄 #135 まさかの結びつき

トリプルテンの調練は、少し前とは異なり熱気を帯びている。訓練メニューそのものは厳しいものであったが、それに対して初めから出来ないと思って真剣に取り組まなかった隊員たち。訓練メニューが厳しいだけで、逆に隊員たちの様子は気の抜けたものだったの…

勇者の影で生まれた英雄 #134 いつかの繰り返し

バレル千人将の助言を受けた健太郎は、自分なりに何をすれば良いかを考えた。実戦経験を得る機会は簡単には得られそうにない。たとえ得られたとしても、今の隊員たちでは経験を得る前に命を失ってしまうかもしれない。それでは鍛えることにならない。 勇者と…

勇者の影で生まれた英雄 #133 再、落ちこぼれ小隊の隊長

事もあろうに自国の正妃候補を手込めにしようとした。勇者といえども、さすがにタダでは済まない。まして現国王であるエドワードは、元から健太郎に良い印象を持っていないのだ。甘やかすことなど絶対にない。 それでも死罪を免れたのは、勇者としての健太郎…

勇者の影で生まれた英雄 #132 勇者再び

モンタナ王国はウェヌス王国の北東。アシュラム王国とも国境を接している小国だ。国の規模してはアシュラム王国よりも小さい。領土の広さの問題ではない。国情が不安定である為、というのは言い訳で、施政者の統治能力の低さが原因で、国が発展どころか疲弊…

勇者の影で生まれた英雄 #131 夢再び

ソフィアとの会談を終えて、執務室に戻ったエドワード王。苦々しい思いは、今も消えていない。ウェヌス王国に得られたものはなし。エドワード個人としては失うもののほうが多かった。飾り物であるソフィアに会談の主導権を奪われたのだ。面目丸つぶれといっ…

勇者の影で生まれた英雄 #130 二国会談

ウェヌス王国の王都を東西に走る大通り。騎士たちが立ち並ぶその大通りに沢山の王都住民、そして近隣の街や村からやってきた人々が集まっている。人々が集うのは、その大通りの中央をゆっくりと進む軍列を見学する為。出陣するウェヌス王国軍の軍列ではない…

悪役令嬢に恋をして 第126話 物語が始まる

ランスロットとマリアの無理心中。この結末は、グランフラム王国にとって思いもよらない出来事だった。だが驚き、悔やむだけで他には何も出来ない。 そうなる状況を作ったリオンを罰するにも、リオンが行ったのは、ランスロットとマリアを引き合わせただけ。…

悪役令嬢に恋をして 第125話 やり残したこと

捕らわれたマリアがいるのは王都の城に昔から存在した監獄塔。身分の高い者が罪を犯した場合に、閉じ込めておく場所だ。 監獄塔と呼ばれているが待遇は悪くない。部屋はそれなりの広さがあり、掃除も行き届いている。ベッドのシーツは毎日変えてもらえるくら…

悪役令嬢に恋をして 第124話 カーテンコール、ではない

一進一退の攻防を繰り広げていたグランフラム王国とグレートアレクサンドロス帝国の頂上決戦は、最後はその言葉通りに、アーノルドとランスロットの一騎打ちとなった。お互いに、それを望んでいたのだ。成るべくして成ったというところだ。 戦いが一騎打ちに…

悪役令嬢に恋をして 第123話 幕が下りる

マーキュリー率いる黒色騎獣兵団の千名は無事、貧民街の者たちを回収して、後方に下がろうとしている。当然、帝国はそれを許すまいとして、懸命に防いでいる。マーキュリーの部隊の前に立ち塞がっているのは、グランフラム王国を裏切った部隊だ。それが陣形…

悪役令嬢に恋をして 第122話 最終幕の始まり

まさかの自軍兵士の裏切り。この事態の収拾を図るために近衛騎士団を率いて、前線に向かって駆けているアーノルド。あと少しという位置まで来たところで、前方で雷鳴が轟いた。 突然、巻き起こった激しい雷は戦場に直撃。兵士が大混乱になっているのが、アー…