月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

ファンタジー小説

四季は大地を駆け巡る #129 踏み出された一歩が次の一歩に繋がる

ヒューガとメルキオル王太子の会談は二刻に渡って行われた。最初はメルキオル王太子がアイントラハト王国についての質問を投げ、それにヒューガが答えるというものだったのだが、詳細については答えられないことが沢山ある。それは質問するメルキオル王太子…

四季は大地を駆け巡る #128 知る者、知らない者

サウスエンド伯爵領を奪う。この優斗の企みは一歩一歩確実に進んでいる。優斗一人の手柄ではない。もちろん南部に領地を持つ貴族を味方にする為の交渉では、優斗の存在は良い影響を与えている。勇者が味方にいるということだけで、反乱が成功する確率はあが…

四季は大地を駆け巡る #127 傭兵王に俺はなる、つもりはない

マーセナリー王国の混乱は収まる気配を見せていない。傭兵王はなんとか全土の支配権を取り戻そうとしているが、それは思うようには行っていない。まったく進んでいないわけではない。支配地域は少しずつ広げられている。だが、混乱をもたらしていた元臣下、…

黒き狼たちの戦記 第14話 狼たちが動き出す

ベルクムント王国の都ラングトア。大陸西部における最大都市であるラングトアはベルクムント王国の王都というだけでなく、西部全体の商業の中心都市という役割も担っている。ベルクムント王国国内だけでなく他国からも多くの商人がやってくるラングトアはそ…

黒き狼たちの戦記 第13話 変人扱いされるようなことか?

ヴォルフリックがアデリッサの招待を受けたのは翌日のこと。任務を前にして時間がない中だが、ヴォルフリックは約束通りに、それを受け、また城に向かうことになった。三人の従士も一緒だ。クローヴィスとフィデリオはアデリッサが何かを企んでいるのではな…

四季は大地を駆け巡る #126 託された想い

レンベルク帝国の皇城で開かれた戦勝の宴。パルス王国で行われている宴と同じように、華やかな衣装をまとった淑女たちが宴の席を彩り、楽団が奏でる軽やかな音楽に乗って人々がダンスを楽しんでいる、というものではなかった。レンベルク皇帝が説明した通り…

四季は大地を駆け巡る #125 戦いを終えて

東方完全制覇、そして大陸全土の覇権を手に入れる為の次のステップとしてレンベルク帝国征服を試みた傭兵王。だがその目論見は完全にはずれ、国境付近での戦いで敗北を喫しただけでなく、多くの臣下の離反を招くことになった。元傭兵たちの多くが、従う兵士…

黒き狼たちの戦記 第12話 良き母がどういうものかなんて知らない

ノートメアシュトラーセ王国の王子であり、太陽の称号を持つ上級騎士であるジギワルドの頼みで、お茶の時間を一緒に過ごすことになったヴォルフリックたち。ジギワルドの案内でアルカナ傭兵団の施設を抜け、城内に入り、奥へ奥へと進んでいく。どこに向かっ…

黒き狼たちの戦記 第11話 面倒くさい奴がまだいた

速やかに出動をという命令を受けたヴォルフリックではあるが、翌日すぐに目的地に向かうのかとなるとそうではない。一応は準備期間を与えられている。三箇所の任務地のうち、どこに最初に向かうのか。その次はどこの予定か。それを決めてアルカナ傭兵団本部…

黒き狼たちの戦記 第10話 真面目に仕事しましたけど?

鬱蒼と木が生い茂り、昼でも薄暗い森の中。ヴォルフリックたちは中央諸国連合の加盟国であるヘァブストフェスト王国の南部にある森に来ている。この森の奥に討伐を命じられた盗賊団のアジトがあるのだが、この場に到着してすでに半月、ヴォルフリックたちは…

黒き狼たちの戦記 第9話 隠すことで見つかることもある

クローヴィスとフィデリオが正式に従士になったことで、ヴォルフリックの日々のスケジュールは変化することになった。図書室で調べ物をする時間が減少。ギルベアトが資料を残していないとなれば、本当に調べたいことを調べる時間しか必要なくなったのだ。そ…

黒き狼たちの戦記 第8話 強くなると決めて何が悪い?

ヴォルフリックの日常は、スケジュールこそほとんど変わらないが、中身は大きく変わることになった。一番大きな変化は従士がついたこと。従士試験に合格したブランドはその日のうちにヴォルフリックに合流した。彼がヴォルフリックの従士になる為に試験を受…

黒き狼たちの戦記 第7話 ようやく事が動き出す

従士試験当日。試験は王国騎士団の屋外鍛錬場を開放して行われている。王国騎士団二百騎、さらにそれぞれに十名ほどの従士がつくので騎士団全体としては二千名ほどになるのだが、が同時に鍛錬を行える場所であるので、かなり広い場所あるのだが、会場は多く…

黒き狼たちの戦記 第6話 勝手に絡んでくるな

アルカナ傭兵団の施設で暮らすことになったヴォルフリック。その生活は実に規則正しいものだ。夜が明けると共に起き出して、下の階の鍛錬所で体を動かす。それを終えると隣の棟との間にある水浴び場に行って汗を洗い流し、そのまま図書室に向かう。昼食の時…

四季は大地を駆け巡る #124 傭兵王の誤算

レンベルク帝国南西部の戦場がレンベル帝国軍の勝利で終わったとほぼ同じころ。その東ではまさに戦いが始まろうとしていた。傭兵王率いるマーセナリー王国軍二万に対するはゼムとアスヘイユそれぞれが三千を率いるレンベルク帝国軍六千。 三倍以上の敵軍を前…

四季は大地を駆け巡る #123 傭兵王との戦い

城門に向かって殺到してくる敵兵に向かって、無数の矢が飛んでいく。決して少なくない矢が宙にあるうちに火系魔法によって焼き払われたが、千を超える数である。かなりの数が敵兵まで届いている。ただ届いたといってもそのほとんどは、敵兵のもつ盾に阻まれ…

四季は大地を駆け巡る #122 閑話その一

ヴラドがイーストエンド侯領に戻った後、ヒューガはヴラドが残していった美理愛からの手紙を読み始めた。 「へえ、綺麗な字だな」 手紙を開いて最初にヒューガは書かれている字の美しさに感心した。楷書体で丁寧に書かれた文字は、文字の間隔もきれいに整っ…

黒き狼たちの戦記 第5話 面倒くさそうな奴ばかり

アルカナ傭兵団の施設は王城のすぐ隣、王国騎士団と一部の施設を共有しているが、その部分を除いても、かなり広大な敷地だ。そこにあった王家と有力貴族家の屋敷はすべて取り壊し、王国騎士団の施設があった場所はそれを別の場所に移し、さらに王城の敷地だ…

黒き狼たちの戦記 第4話 これ以上の鎖は必要か?

翌朝、まだ日が昇って間もない時間にヴォルフリックは地下牢から出されることになった。思っていたよりも遥かに早い解放だ。さらに地下牢から出たあとの待遇も悪いものではない。 まっさきに連れて行かれたのは水浴び場。そこで体の汚れを落とすことになった…

四季は大地を駆け巡る #121 密談

マンセル王国の王都。パルス王国の王都に比べれば規模は小さいが、その賑わいは決して劣るものではない。ここ最近は優っていると言えるくらいだ。その理由はミネルバ王国を併合したことにある。ただ領土が広くなったということではなく、マンセル王国は戦い…

四季は大地を駆け巡る #120 強さの秘密

息を切らして周囲を駆けまわっている人々。一方で剣を打ち鳴らして立ち合いを行っている人々もいる。千人規模でそれが行われていると、まるでそこは戦場のようだ。 ドュンケルハイト大森林とレンベルク帝国との国境に近い平原地帯。今日もまた、いつもの声が…

四季は大地を駆け巡る #119 女の戦い……?

パルス王国南東部。旧ミネルバ王国との国境地帯にある深い森。今となっては魔族の支配地域となっているその森の中に深い洞窟がある。自然に出来たものではない。住処とするために人工的に作られた洞窟だ。 その洞窟の奥にある一際広い空間で、ライアンはいら…

黒き狼たちの戦記 第3話 視えない未来、見えない鎖

大広間での出来事を終え、ディアークは執務室に戻った。普段、公務を行っている部屋ではない。私室のすぐ隣にあるちょっとした残り仕事を片付ける為、もしくはごく限られた者たちとだけ、リッラクスした雰囲気で話をする為に使っている部屋だ。 今は後のほう…

逢魔が時に龍が舞う 第46話 真の戦いが始まる

富士山大噴火から半年が過ぎた。政府にとっては、あっという間の半年だ。何が起きたのか分からないまま、旧都心から逃げてきた人々を保護し、その彼らの住環境を整える。それと同時に第二防波堤の拡張工事も行われた。旧都心から逃げて来ようとする人々の行…

黒き狼たちの戦記 第2話 愚者呼ばわりするな

ノートメアシュトラーセ王国城内の大広間。奥に置かれている玉座にはすでに国王であるディアークが座っている。その玉座の左右に並ぶのはアルカナ傭兵団の団員、その中でも上級騎士たちだ。進行中の任務もあり、この場に全員が揃っているわけではないが、そ…

黒き狼たちの戦記 第1話 解き放たれた運命

三百年ほど前までは、存在する全ての国の名前どころか数でさえも正確に把握している人は誰もいなかったであろうランデマイスター大陸も、長い争いの時を経て、大陸で暮らす多くの人々が国名を覚えられるくらいまでにまとまってきている。それだけ沢山の国が…

逢魔が時に龍が舞う 第45話 事の終わり、事の始まり

富士山の噴火とともに関東地方を襲った地震。その地震が引き起こした津波は、前回の震災からの復興も途上であった旧都湾岸地区を再び無に帰した。それだけではない。前回の震災では被害に遭わなかった地区まで、今回は押し流されている。環状七号線内はほぼ…

逢魔が時に龍が舞う 第44話 別れの時

照明の灯りに照らされた黒い巨体。多くの人々が、子供はまた異なるだろうが、想像する鬼(おに)そのものの姿をしたそれは、圧倒的な力を持っていた。精霊力云々の問題とは思えない。ただ力が強いのだ。 特殊戦術部隊の能力者たちの攻撃を手で弾き飛ばし、そ…

逢魔が時に龍が舞う 第43話 開門

鬼化した者たちが暴れ始めた。それを止めようとしている特殊戦術部隊と寝返り組。あちこちで始まった戦い。戦場に喧騒が広がっていく。 そんな中。戦場の中心では月子たちが尊と向かい合っていた。静寂の闇に包まれた空間。それは月子が作り出した世界。特殊…

逢魔が時に龍が舞う 第42話 最恐の鬼

夜空に浮かぶ三機のヘリコプター。特殊戦術部隊配備のヘリコプターだ。尊が現れると確信していた朔夜は、万全な体勢を整えて、この戦いに臨んでいた。このヘリコプターはその中でもとっておきだ。従来の第七七四特務部隊に配備されていた移動用のヘリとは違…