月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

ファンタジー小説-SRPGアルデバラン王国動乱記~改~

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第180話 正しくあるということ

山中にある古い木こり小屋。もう何年も使われることのなかったその建物に、人の気配がある。黒色兵団の団員たちだ。正規に、中身は偽情報だが、発行された王国の通行証を使って、燐家の関所を抜けた彼らは、そこから街道を逸れ、人が足を踏む入れることのな…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第179話 出る杭は

偵察により安全を確認したところで、再び庶民を装って白金騎士団は領主であるスタンプ伯爵が捕らわれているだろう領主館のある街に侵入した。難しい問題はなかった。反乱を起こしたであろう者たちが警戒している様子はない。重要拠点でもないその街に入るの…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第178話 それぞれお仕事中です

白金騎士団の任務地は、王国南西部にあるスタンプ伯爵領だった。王国中央部と呼ばれている地域からは少し国境側に外れた場所。西方辺境伯領と南方辺境伯領からはまだ距離がある位置だ。 激戦地となった歴史はあるが、それは遠い過去の話。今は軍事的な要所と…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第177話 口に出せない想い

王都にある聖パンティオン教会本部。その建物の周囲を鎧兜に身を固めた騎士たちが囲んでいる。煌びやかな鎧兜を身につけた、その騎士たちは近衛騎士団だ。国王が教皇と会談を行う為に教会本部を訪れているので、警護を行っているのだ。 国王が教会本部に足を…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第176話 見えない何か

王都に戻った白金騎士団は、休む間もなくすぐに、次の任務の準備に入った。白金騎士団、というより、ジークフリート王子は功績を積み重ねることを必要としている。能力では兄であるジュリアン王子より高く評価されているとはいえ、それだけで王位継承順位を…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第175話 お宝GET!

王城の奥。王家の人々の居住スペースとなっている建物の屋上で、エリザベス王女はぼんやりと夜空を眺めている。他人にはそう見えるだけで、実際にエリザベス王女が見ようとしているのは夜空ではない。視たいのは、そう遠くない未来だ。 エリザベス王女の持つ…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第174話 兆し

レグルスとキャリナローズとの間に生まれた子供についての話が終わった後も、東方辺境伯は城に残って、国王との話し合いを続けている。普段は領地にいる東方辺境伯だ。こうして王都に来て、国王と話をすることなど頻繁にあることではない。国のこと、国境を…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第173話 これは、修羅場なのか?

王国騎士団の施設は、王城のすぐ隣の広大な敷地の中にある。王国騎士団と呼ばれるのは特選騎士と一般騎士、従士、それに後方支援要員を合わせても二千名ほどの人数。だが訓練施設を利用するのは王国騎士団の騎士に加えて職業兵士、そして徴兵を加え、最大で…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第172話 反省中

ホーマット伯爵捕縛任務は、伯爵の自死という結果で終わった。ジークフリート王子率いる白金騎士団がかなり強引に防壁を突破し、屋敷への突入を果たしたところで、敗北を悟ったホーマット伯爵は自死を選んだということだった。 捕縛は失敗したが、罪を認めて…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第171話 失敗したかも

喧嘩はレグルスの勝利。圧勝という結果だ。その決着を見ていた軍勢に向かって、勝利を宣言したレグルス。だがそれに反応する者はいない。 「約束だ。武器を捨てて、家に帰れ」 約束を守るように告げても、やはり反応する者はいなかった。王国軍側の多くは、…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第170話 常識外れ、だからこそ面白い

ホーマット伯爵がこもる建物は、その外観だけであれば、ただの石造りの貴族屋敷に見える。だがその立地は、二層の水堀に囲まれた、周囲からは少し高さのある土地の上。敷地が狭いというだけで、その構造は城と同じだ。屋敷に入るには水堀の上にかけられた橋…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第169話 固まる思い、揺らぐ思い

領境の砦を奪った王国騎士団は、長くそこに留まることなく、進軍を開始した。他の貴族家軍も別の領境に到着する頃。その軍と合流を図る為だ。千に届かないであろう貴族家軍が単独で行動していては、数で優るホーマット伯爵家軍による各個撃破の標的になるだ…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第168話 開戦

ホーマット伯爵家軍は万の軍勢を有している。この情報は任務についている王国騎士団の面々を驚かせた。数で劣っていても質で凌駕する、というのが最初からの作戦方針ではあったが、さすがにここまでの大軍であるのは想定外だったのだ。 この情報は速やかに王…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第167話 想定外が過ぎる

王国中央部に位置する貴族領の領境に、王都に繋がる主要街道上を除いて、砦などの防衛施設はない。防衛力を高めるよりも、人の往来をしやすくするほうが優先されているのだ。軍事よりも経済優先ということだ。 そもそも貴族領の境など王国の軍事上はたいした…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第166話 鈍感、鈍感、敏感

ホーマット伯爵領に向かう王国騎士団は、少数に分かれて移動している。まとまった数で王都を出ては、軍が動かなければならないようなことが起きたと、すぐに広まる。長年戦争続きのアルデバラン王国の人々は、そういう動きに敏感なのだ。その情報をホーマッ…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第165話 これは正義ではない

レグルスが立っているのは王都から一週間ほど西に移動した場所となる街道。王都を中心に四方に伸びる主要街道とは違う、そこから外れた支線というような道で、さらにその行き着く先は登山口とあって、道行く人の姿は見えない。そんな場所に、どうしてレグル…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第164話 誤算が招くもの

アリシアが知る限り、居住地から逃げ出したカリバ族は捕まっていない。実際にどうかは分からないが、捕まったという情報は、アリシアには届いていない。ジークフリート王子も聞いていないと言っている。 アリシアは居住地でジークフリート王子、白金騎士団と…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第163話 出来ること、出来ないこと

何の考えもなくカリバ族の居住地に入ったアリシア。領主の犯罪に加担していた者たちを捕まえるという時間稼ぎの口実は、当然だが、現実のものとはならない。それが出来るのであれば、とっくに行っている。アリシアは、まったく手がかりが掴めなくて、悩んで…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第162話 暗躍する者たち

カリバ族の協力を得て、領主が犯罪を行っている証拠を手に入れようとしているアリシア。だが、それは上手く行っていない。カリバ族が協力してくれるといっても、そのカリバ族の中に、自らの意志で犯罪に加担している者がいるのだ。しかもそれが誰かは、まっ…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第161話 任務デビュー

エリザベス王女とゲルメニア族との交渉とは異なる時と場所でも、王国と少数民族との間で交渉が行われている。少数民族は王国中央北西部に暮らすカリバ族。王国側の交渉役はジークフリート王子だ。元々反抗的なカリバ族が大規模な反乱を起こそうとしている。…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第160話 それぞれの心の内

ゲルマニア族との和解交渉を終えたエリザベス王女は、そのままゲルマニア族の居住地に向かった。彼女にとっては、こちらのほうが一番の目的。レグルスの母方の血、ゲルマニア族の人々との関係を深めたいと考えているのだ。 ブラックバーン家からはジャラッド…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第159話 演技派な人々

モルクインゴンにエリザベス王女が到着したのは、当初予定から二か月遅れ。予定が狂うことは使者を送って伝えていたので、到着を待ちわびる気持ちはあっても、交渉そのものに問題はなかった。モルクブラックバーン家もゲルメニア族も、その日が訪れるのを、…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第158話 選択

レグルスの指示を受けた暁光騎士団、というよりエモンとその仲間たちの動きは早かった。あらかじめ犯人と繋がりがあるのではないかと疑われる人物の洗い出しは終わっている。全員の証拠を調べ上げる時間はなかったが、そんなものは関係ない。手段を選ぶ必要…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第157話 悪と悪

ジークフリート王子率いる白金騎士団の初任務。それは王国中央の北西部。西方辺境伯領に近い位置にある山地を居住地とするカリバ族の反乱鎮圧となった。正式な命令は、大規模な反抗の恐れがあるので、実際に事が起きる前にカリバ族を抑え込めというもの。戦…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第156話 難問

キャンベル子爵令嬢誘拐事件。この場所でまた誘拐事件が起きているという事実はエリザベス王女を驚かせた。キャンベル子爵自身にその事実を確認したことで、レグルスたちは同行している諜報部にも協力を仰いで、本格的な調査に入る。難しい調査だ。事件が起…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第155話 また、ですか……

旧テイラー伯爵領は現在、王国の直轄地ということになっている。公式書類ではそうなっているということであり、実際には新しい領主、正しくは領主候補、はいる。 キャンベル子爵がその人だ。子爵の身分で伯爵領を継ぐということではなく、近々、伯爵位を与え…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第154話 また命を狙われた

レグルスは大きな荷物を背負って街道を歩いている。同行しているのはスカルとココ。他の団員たちも同じ目的地、旧テイラー伯爵領に向かっているのだが、別行動をとっているのだ。そうする理由は。 「騎士には思われないかもしれないけど、隠密行動にはなって…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第153話 次から次へ

ハートランドでの任務を終えて、レグルスたちは王都へ帰還した。次の目的地は北方辺境伯家の領地、分家のモルクブラックバーン家が治めるモルクインゴンだ。そう決まったのは、暁光騎士団の任務というより、エリザベス王女のゲルメニア族に会いたいという望…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第152話 初任務は順調

ラクランの地元であるハートランドは王都から南西の方角にある。王国中央部に属する地域で、王都からは半月で到着する場所だ。王都から近いといえる距離にあるハートランドだが、大きな街道からは外れていて交通の便は良いとは言えない。山地が多くて平野は…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第151話 遅れてきた入団希望者

白金騎士団は王国騎士団の下部組織となっているが、その運営はジークフリート王子にほぼ全て任されている。これはエリザベス王女の騎士団と同じだ。先に創設された白金騎士団がそのような運営形態であったので、エリザベス王女の騎士団もそのようになったと…