月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

ファンタジー小説-勇者の影で生まれた英雄

勇者の影で生まれた英雄 #99 覚悟

ウェヌス城内の会議室ではゼクソン王国との交渉結果についての報告が行われていた。それを聞いた出席者の誰もが思ってもみなかった内容に愕然としている。 ランカスター宰相にいたっては強く拳を握りしめて、あからさまに怒りを示している。 「もう一度、言…

勇者の影で生まれた英雄 #98 ハーレム?

軽く口づけを交わした後のグレンとメアリー王女。二人とも少し照れた様子で顔を赤くして、それ以上何かをすることはなく、それでいて離れることには抵抗があるようで体を寄せ合ってソファに座っている。ソフィアとヴィクトリアがこの光景を見れば、何を純情…

勇者の影で生まれた英雄 #97 邂逅の時

グレンがルート王国に帰国したのは国政の状況を確認する為だけではない。ゼクソン王国とウェヌス王国との交渉の場であるエステスト城砦は、ゼクソン王都よりもルーテイジの方が近い位置にある。交渉の状況によってグレンの判断が必要になった時の為に、より…

勇者の影で生まれた英雄 #96 王の背中

ルート王国に戻った翌日。グレンはハインツたち三人を連れて軍の演習場に向かった。演習場といっても決められた場所があるわけではない。ルーテイジ周辺の空き地を利用して、調練は行われているのだ。 目的の場所に向かって、のんびりと騎馬を進ませるグレン…

勇者の影で生まれた英雄 #95 王の帰還

グレンがルート王国を離れて、すでに半年以上が経つ。さすがに重臣会議の場は、国王不在を憂いた発言が目立つようになった。もっともそれは、一人の男が騒ぎ立てているだけに過ぎないのだが。 「いつになったら陛下は戻ってくるのだ?」 「また、その話か? …

勇者の影で生まれた英雄 #94 胸に抱えているもの

トキオにある勇者軍の鍛錬場はかなり大きい。トキオはもともとあった街を軍事に特化した形に造り上げた拠点。区画整理という言葉では済まない大規模工事を行って、広大な敷地を確保した上で軍事施設を作っているので、どれも余裕があるのだ。 その広大な鍛錬…

勇者の影で生まれた英雄 #93 刺激された野心

重臣会議が終わると健太郎は、そのまま王都にある自分の居館に戻った。子爵位を授けられた時に下賜された屋敷だ。 屋敷に入って真っ直ぐに目的の部屋に向かう。そこで待っていたのは、結衣と金髪碧眼のかなり美形の男の二人だった。 「あれ? フローレンスは…

勇者の影で生まれた英雄 #92 暗躍する者たち

この会議に参加するにあたって、ジョシュア王太子は一つの覚悟を決めていた。ウェヌス王国の王太子として自分が為すべきことをしようと。何の力のない自分であっても正しいと思うことを貫く勇気を持とうと。 その覚悟を胸に秘めて会議の成り行きを、時に会話…

勇者の影で生まれた英雄 #91 誤算

ゼクソン王国の反乱鎮圧。その名目で出兵した勇者軍ではあったが、その結果はウェヌス王国の上層部を驚愕させるものとなった。 健太郎の帰還を待って行われた重臣会議。参加者の表情は苦渋に満ちた顔、呆れかえった顔と様々ではあるが、どの参加者にも共通し…

勇者の影で生まれた英雄 #90 心の整理

クレインに知らされた母親の真実の姿はグレンの心に大きな傷を与えた。だが、そのことがグレンとヴィクトリアの距離を縮めるきっかけにもなり、グレンに一つの小さな決断を促すことにもなった。 通された部屋。そこにある小さなベッドで眠る赤子を気難しそう…

勇者の影で生まれた英雄 #89 後始末

ウェヌス王国軍が領内から撤退したことを確認したところで、グレンはゼクソン王都に入った。王都に入ってすぐに状況の確認に取り組む。真っ先に行ったのは当然、今回の反乱に関わる情報の確認からだ。 その報告を行うのはクレインだ。 「まず今回の反乱の原…

勇者の影で生まれた英雄 #88 最後の仕上げ

ゼクソン王国の反乱がすでに終息しているとも知らずに、健太郎率いるウェヌス王国軍は、ゼクソンとの国境を越えて領内に入っていた。 率いる軍勢は五千。その士気は、それなりに高い。今度こそゼクソン王国に勝つ。そういう思いに軍全体が奮い立っていた。 …

勇者の影で生まれた英雄 #87 ゼクソン王の選択

駐屯地に入って休むことを受け入れたグレンだったが、すぐに部屋に入ったわけではない。グレンにはまだまだやることがあった。 まずは投降した兵のもとにいって下手なことをしなければ身の安全は必ず保証すると何度も約束し、兵の不安を消していく。 それが…

勇者の影で生まれた英雄 #86 処遇

反乱軍の兵士のほとんどが、結果として逃亡のような形で投降していった。 それを呆然と見送っていたシュナイダー将軍だったが、いつまでも、そうしている場合ではない。わずかに残った兵をまとめてグレンに向かうか、逃亡するかを迫られることになった。 も…

勇者の影で生まれた英雄 #85 鎮圧

ゼクソン王国で起きた反乱の情報はウェヌス王国にも届いていた。それを受けて集まった重臣たち。顔ぶれはグレンが知るそれではない。 上座に座るのは王太子であるジョシュア。既に国王は引退も同然だ。元々の怠け癖の上に、度重なる敗戦にすっかり嫌気がさし…

勇者の影で生まれた英雄 #84 反乱

ルーティズの北にある正門を抜けたすぐの場所で、多くの兵が集まっていた。その中心にいるのはグレンとザットだ。ザットの弟子たちも一緒。その弟子たちは盛んに出来上がったばかりの兵器の調整をしている。 やがて、それも終わり。試射の開始が告げられた。…

勇者の影で生まれた英雄 #83 人材の力

人材、真の意味でそう呼べる人たちが少しずつルート王国に集ってきていた。その中で何といっても大きかったのはザットとその弟子たちだった。 ザットはウェヌス一の武具職人という名声からは想像出来ないくらいに、地味な仕事を行っている。 作っているのは…

勇者の影で生まれた英雄 #82 更なる人材

ルート王国への来訪者は止まらない。今回の来訪者はグレンが待ち焦がれていた人物。相変わらず無愛想な様子で椅子に座っているのは、武具職人のザットだ。 「思ったより早かったですね。それに……若いですね」 待ち焦がれていた相手だが、それを言うグレンの…

勇者の影で生まれた英雄 #81 新たな人材

少しずつ国としての形を整えようとしているルート王国に次の訪問者が現れた。銀鷹傭兵団のガルだ。一人ではない。もう一人同行者がいるが、それもグレンにとって見知った顔だ。 「よく分かりましたね? それは分かるか」 銀鷹傭兵団はエイトフォリウム帝国と…

勇者の影で生まれた英雄 #80 密やかな建国

ウェヌス王国王都での用事を全て済ませてグレンはストーケンドに戻った。グレンにとっては収穫が多い、と全てを例えられるわけではないが、とにかく行って良かったと思える結果だった。 得られた結果と、気持ちが少し整理されたことに満足してストーケンドに…

勇者の影で生まれた英雄 #79 ケジメ

王都にある墓地。多くの木々が立ち並ぶ、その一本の影でグレンはじっと息を潜めて立っている。フローラのお墓参り。恐らくはこれが最後になるはずの、最後にしようと心に決めて、今日ここにやってきていた。 フローラが好きだった花。それを手に入れて、別れ…

勇者の影で生まれた英雄 #78 止まらない歩み

グレンの行動は止まらない。それはローズでさえ呆れるほどの動きだった。 ストーケンドから離れた山中。周りを銀狼兵団に囲まれて、跪いて震えている大勢の盗賊たちに向かって、グレンは厳しい視線を向けていた。 「さて、お前らの選択肢は二つだ。俺に従う…

勇者の影で生まれた英雄 #77 復興への歩み

しばらくは戦争の疲れを癒す為に体を休めて。ハーバードにこう言われたグレンだったが、そもそも彼にそういう習慣はない。時間があれば鍛錬や勉強に費やし、寝る時間以外は何もしないという時を持つことなど出来ないのだ。 それでも何もすることなく一晩だけ…

勇者の影で生まれた英雄 #76 新天地

ゼクソン国王と約束した物資は、半月もしないうちにエステスト城塞に届いた。ウェヌス王国との戦いの為に用意され、前線に近い猛牛兵団駐屯地に置かれていたものを運んできたのだ。 城塞まで物資を運んできたのはゼークト将軍率いる猛虎兵団だった。猛虎兵団…

勇者の影で生まれた英雄 #75 英雄色を好む

「何故、分かったのですか?」 ゼクソン国王とヴィクトリア殿下が同一人物であることを認める問いに納得顔のグレン。ただ、この件については、まだはっきりさせていないことがある。 「陛下」 「この姿でそう呼ばれるのは」 「……変な拘りですね。では、ヴィ…

勇者の影で生まれた英雄 #74 再交渉

ウェヌス王国との間に交渉の余地はない。そうなれば、ゼクソン王国にエステスト城塞を引き渡して次の行動に移る、という風にはならないのがグレンのしぶとさだ。 トルーマン前元帥との交渉を終えてからの数日間、グレンは周りから見れば、惚けているように見…

勇者の影で生まれた英雄 #73 再会

エステスト城砦に銀狼兵団が籠って三か月以上が経つ。状況はグレンの望む通りには進んでいない。進んでいるのは、予想通りの方向だ。 勇者軍はあれ以来、全く姿を現さない。そしてゼクソン軍の方も。 「いい加減に城砦を引き渡したらどうだ?」 「それが出来…

勇者の影で生まれた英雄 #72 銀鷹傭兵団の真実

エステスト城塞から結衣とフローレンスは駐屯地に戻ってきた。 健太郎の部屋に向かう結衣。グレンの誤解をとくことは出来なかったが、戦わなくて済むきっかけを掴めたことで行きよりは気持ちは随分と軽くなっていた。 だからといって機嫌が良いわけではない…

勇者の影で生まれた英雄 #71 交渉の使者

エステスト城砦から撤退して地方軍の駐屯地に勇者軍は戻った。 ただちに開かれた軍議。その席上でずっと健太郎は浮かない顔をしている。勇者軍の騎士の前では強がって見せたが、健太郎はグレンに手も足も出なかった。それに落胆しているわけではない。 健太…

勇者の影で生まれた英雄 #70 勇者との戦い

エステスト城塞を落としたのがグレンだと知って狼狽した健太郎。それが収まったところで、周囲の者たちから、すぐにエステスト城塞まで進軍すべきという進言を受けたのだが、健太郎がそれを聞き入れることはなかった。 次の日になっても、改めて方策を検討す…