月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

勇者の影で生まれた英雄 #125 小さなズレ

王都に連行されたランカスター侯爵と次男のロイド。エドワード王はすぐに二人と話し合いの場をもった。それも余人を交えない、二人だけでのし合いだ。 ランカスター侯爵家の二人との話を、他の者には聞かせたくないのだ。その理由は。 「……嘘だ。父上がその…

逢魔が時に龍が舞う 第35話 解散

元大統領との交渉には成功した葛城陸将補だが、動きは相手のほうが早かった。ずっと前から動かれていたのだ。そうなるのも当然だ。元大統領の屋敷を訪れたことが知られ、相手の動きを加速させたという面もある。真っ昼間に屋敷に堂々と姿を現せば、知られる…

勇者の影で生まれた英雄 #124 政変

ジョシュア国王の早過ぎる死。それはウェヌス王国に驚愕をもたらした。 だが、もたらしたのは驚愕だけだった。グレンを題材とした小説の影響によって、ジョシュア国王に好意を向けることとなった極々少数の国民の涙を除けば、悲しみも混乱も広がることはなく…

勇者の影で生まれた英雄 #123 異変

侯爵家といっても領内に大都市をいくつも抱えているわけではない。大都市といえるのは領主館がある街くらいで、それ以外は小さな街ばかりだ。 暴動が起きたバッカスもその一つ。ランカスター侯爵領の南東の外れにある街で、特別な産業も豊かな耕作地もない貧…

逢魔が時に龍が舞う 第34話 政治

尊と約束した通り、葛城陸将補は行動を起こした。何の勝算もない行動だ。だが第七七四特務部隊の部隊長とはいえ、一軍人に過ぎない葛城陸将補には、それしか出来ることがないのだ。 久しぶりに訪れた新都心。高層ビルが立ち並ぶ新都心の道路を徒歩で進む葛城…

勇者の影で生まれた英雄 #122 まだ終わっていない

どうしてこうなった。今のランカスター侯爵の気持ちを言葉にするとこれだ。万全の準備を整えて、動き出したはずだった。アシュラム戦役で軍部の実権を握り、戦争を自由に行えるようにする。 その後、ゼクソン王国を滅ぼして、その地に王を据える。ランカスタ…

勇者の影で生まれた英雄 #121 変わらない人

第二次アシュラム戦役の影響は思わぬところにも出ている。ただ、それを気にする人はわずかな数でしかない。さらに本気で困っている人はたった一人だ。 城内の食堂では、久しぶりに夕食会が開かれている。結衣の強い要望で開かれた、その会の参加者は健太郎、…

逢魔が時に龍が舞う 第33話 裏切り

桜木学園襲撃。場所でいえば、それは第七七四特務部隊本部への襲撃と同じ。それを桜木学園襲撃とするのは、特務部隊の戦闘員のほぼ全員が別の場所にいた為に、襲われたのは隊員ではなく候補生だけだったこと。桜木学院生徒が襲撃されたということだ。 その結…

勇者の影で生まれた英雄 #120 変わろうとする人

勇者軍を撃退し終えたあとも、ルート王国の人たちは忙しい日々を送っていた。都はほぼ無傷といっても投石の撤去や穴の空いた場所の修復など、戦後処理は決して少なくない。 それに忙しい理由はそれだけではない。付け入る隙を全く見せない完勝と言える内容で…

逢魔が時に龍が舞う 第32話 見えてきたもの

尊が桜に会っている間、精霊科学研究所内にある訓練室で汗を流していた天宮。訓練で時間を潰すだけであれば、そもそも研究所まで付いてこなければ良いのだが、天宮はそう考えない。何故、そう考えないかも考えないほど、鈍感なのだ。 一応、それらしい理由は…

勇者の影で生まれた英雄 #119 揺れ動く大国

勇者軍によるストーケンド襲撃。たとえトキオという独自の駐屯地を持っているとしても、多くの犠牲者を出した戦いだ。それを秘匿しておくことは出来なかった。仮に犠牲が少なくても同じこと。襲撃の情報は間者を通じて、ジョシュア国王の耳に入ることになる…

異伝ブルーメンリッター #113 敗戦の中から生まれてくるもの

アーベントゾンネの街を囲む防壁の上。元ブルーメンリッターの騎士でユリアーナと共に魔王側に寝返った騎士たちは、その場所で戦場の様子を眺めている。ユリアーナを囮にした策は成功。多くのブルーメンリッターの騎士が投石の下敷きとなっている。 ただ戦い…