月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

悪役令嬢に恋をして #57 束の間の休息

何かと周囲を悩ますリオンだが、その影響を受けた者がまた一人増えた。近衛騎士のソルだ。戦いを共にはしていたが、常に一定の距離感を保って、ソルはリオンに接していた。 何故かと聞かれてもソルは何も答えられない。敢えて答えれば、近づいてしまうと、ず…

四季は大地を駆け巡る #64 ドワーフ族

目の前に立っている息子を見つめる彼の表情には苦いものが浮かんでいる。おどおどした様子で、威厳など欠片も感じられない。ドワーフの王である彼にとっては表情そのまま、苦々しいものだ。 ドワーフの王は各部族の長の中からもっとも相応しい者が選ばれる。…

悪役令嬢に恋をして #56 届かぬ思い

ニガータでの戦いについての反省会を終えて、リオンもエアリエルと二人、のつもりだったが、シャルロットが付いてきたので、三人で食事に出た。初めての街なので適当に店を選んでなどという事はなく、戦いの前から美味しいと評判の店を予め調べさせて予約ま…

四季は大地を駆け巡る #63 野心

野営地はひっそりと静まり返っている。戦いが終わるたびに優斗は不機嫌になる。それがあまりにも続いた為、いつしか戦勝の宴を行うことはなくなった。戦勝の喜びは、多くの人にとっては勝利よりも生への喜びが強いだろうが、とにかくそれぞれが胸の中で噛み…

悪役令嬢に恋をして #55 マリアの焦り

ニガータ防衛戦の勝利を祝っての宴、は今回開かれなかった。本隊を率いていた王国騎士兵団長が望まなかった事、そして、それに誰も文句を言わなかったからだ。 マリアたちは王国騎士兵団長と同様に勝利の喜びよりも、リオンに出し抜かれた事への悔しさの方が…

四季は大地を駆け巡る #62 非道

王城の奥にひっそりと立つ離れの塔。行き交う人はほとんどいない。その塔の中に豪奢な家具で彩られた一室がある。国王の妃であるエリザベートの寝室だ。 本来であれば男子禁制であるその場所にアレックスはもう何度も通っている。この事実が表沙汰になれば間…

悪役令嬢に恋をして #54 イベント:ニガータ防衛戦

ニガータ防衛戦における主戦力は、王国騎士兵団の五千。それに遊撃部隊として、ニガータ周辺に配置した各二千の三部隊。合計一万一千である。さらに予備兵力として、ニガータ及び周辺の貴族領軍が六千いる。 王国に油断はない。ニガータの防衛にあたって、万…

四季は大地を駆け巡る #61 それぞれの縁

月に一度、傭兵ギルド本部に送られてくる営業報告の資料。各支部から送られてきたそれに、ギルド長は順番に目を通している。常であれば、大まかな数字と特別に報告されてきた事項のみを確認して終わる作業に、今回は朝からかかりっきりだ。それも自分一人で…

勇者の影で生まれた英雄 #90 心の整理

クレインに知らされた母親の真実の姿はグレンの心に大きな傷を与えた。だが、そのことがグレンとヴィクトリアの距離を縮めるきっかけにもなり、グレンに一つの小さな決断を促すことにもなった。 通された部屋。そこにある小さなベッドで眠る赤子を気難しそう…

勇者の影で生まれた英雄 #89 後始末

ウェヌス王国軍が領内から撤退したことを確認したところで、グレンはゼクソン王都に入った。王都に入ってすぐに状況の確認に取り組む。真っ先に行ったのは当然、今回の反乱に関わる情報の確認からだ。 その報告を行うのはクレインだ。 「まず今回の反乱の原…

悪役令嬢に恋をして #53 バンドゥの剣

リオンたち、別働隊の今日の宿泊地は、ニガータに続く街道沿いにある街マーバスだ。王都を出て北に向かう街道を進むと最初に辿り着く城塞都市だ。 千人程度の軍勢であれば、軽く収容出来る規模を持っているので、リオンはここを最初の集合地点と決めていた。…

勇者の影で生まれた英雄 #88 最後の仕上げ

ゼクソン王国の反乱がすでに終息しているとも知らずに、健太郎率いるウェヌス王国軍は、ゼクソンとの国境を越えて領内に入っていた。 率いる軍勢は五千。その士気は、それなりに高い。今度こそゼクソン王国に勝つ。そういう思いに軍全体が奮い立っていた。 …