月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

更新!「月の文庫ブログ」掲載小説一覧

月の文庫ブログにて掲載している小説の一覧です。話数が増えてくると、ブログ形式では第一話を探すのが面倒かと思って、このページを用意してみました。 ※2019年11月20日「全話一覧」へのリンク追加 少しずつですが掲載小説は増やしていきたいと思っています…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第108話 示された片鱗

王立中央学院と王国騎士団による合同演習は、学院ではなく王国騎士団施設で行われている。合同演習は、元々は年に一回行われる国王による王国騎士団視察の定例行事。王国騎士団を統べる立場である国王に日頃の努力の成果を示す、という王国騎士団の行事に、…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第107話 モテる二人?

南方辺境伯家、ディクソン家の屋敷は他の辺境伯家と同じで王城近くにある。王城の南側にある広大な敷地に建てられた屋敷だ。 ディクソン家は武を尊ぶ。他の辺境伯家も王国の国境を任されるに相応しい武に優れた家であるのだが、ディクソン家は、その中でも特…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第106話 恥ずかしくないのだろうか?

道場からの帰り道。レグルスは一人で夜道を歩いている。周りからはそう見えるというだけで、実際には一人ではない。エモンたち、隠密能力に優れた者たちが遠巻きにレグルスの周囲を警護している。レグルスを狙う暗殺者を捕らえる為だ。 暗殺者の襲撃を恐れて…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第105話 束の間の休息

郊外に確保した隠れ家でレグルスたちは合宿を行っている。合宿といっても週末を利用した一泊だけだ。全員で広々とした場所で鍛錬を行える。周囲には民家もないので魔法も、もっぱら使うのはラクランだが、使える。往復二時間の距離も、走れば鍛錬になる。か…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第104話 すれ違いの関係

食堂の個室にその男は姿を現した。レグルスたち「何でも屋」の店舗とは異なり、表通りの一等地にある建物に入っている高級食堂だ。店を利用するのは貴族か、裕福な商人くらい。単価は高いが、利用者は多くない。全て個室なので客には分からないが、いつも空…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第103話 暗殺未遂

レグルスとラクランは夕飯を共にすることがよくある。ご近所なのだから、おかしなことではない。最初の頃とは違い、ラクランもレグルスに対して緊張することはなくなった。それに、何度か行っている食堂を選んだとしても、怪しげな客もいるその場所に一人で…