月の文庫ブログ

月野文人です。異世界物のファンタジー小説を書いています。このブログは自分がこれまで書き散らかしたまま眠らせていた作品、まったく一から始める作品など、とにかくあまり考えずに気の向くままに投稿するブログです。気に入った作品を見つけてもらえると嬉しいです。 掲載小説の一覧(第一話)はリンクの「掲載小説一覧」をクリックして下さい。よろしくお願いします。 

更新!「月の文庫ブログ」掲載小説一覧

月の文庫ブログにて掲載している小説の一覧です。話数が増えてくると、ブログ形式では第一話を探すのが面倒かと思って、このページを用意してみました。 ※2019年11月20日「全話一覧」へのリンク追加 少しずつですが掲載小説は増やしていきたいと思っています…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第13話 友情以上、愛情未満

この世界はゲーム世界。これを彼女は知っている。ゲーム名は「アルデバラン王国動乱記」。シミュレーションロールプレイングゲームだ。前世で何度もやったことのあるお気に入りのゲーム。良く知っているゲーム世界に転生するという、実に都合の良い話だ。 彼…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第12話 虎の威を借る狐、だろうと構わない

彼が開墾許可を申請した場所は内壁からはかなり離れた場所。これまで鍛錬を行っていた場所からさらに外壁に向かって、二時間は歩かなければならない場所だ。当たり前だが、内壁に近い耕作地に適した場所は、とっくに誰かの所有地になっている。新しく開墾を…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第11話 彼女の家には込み入った事情があるようです

彼の過去の人生において、今のような楽しい時期はなかった。実際にはあったのかもしれないが、記憶には残っていない。 確実に違っているのは彼女との関係。彼にとって彼女は仇敵。それを彼は出会った瞬間から意識し、婚約者である彼女と距離を置いていた。逆…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第10話 何かが違っている

リキが鍛錬に加わったことで、彼自身の鍛錬はこれまでのようにはいかなくなった。なんだかんだ手がかかる。自分の鍛錬だけに集中しているというわけにはいかないのだ。 ただ彼がそれに強い不満を抱いているかというと、そうでもない。人に教えるという、これ…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第9話 お友達と仲良くしています

午前中の鍛錬を終えて屋敷に戻った彼は、熱心に書物を読んでいる。日課としている勉強ではない。少し気になることがあったので、それについて書かれているであろう書物を何とか入手し、調べものをしているのだ。 彼が気になったのはリキのこと。正しくは、リ…

SRPGアルデバラン王国動乱記~改~ 第8話 無理やり、お友達を作らされることになった

午前中は郊外で、これ以上は限界と思うくらいまで自分の体を苛め抜き、彼女と合流して情報を交換し合ったり、相談したりして時を過ごす。午後はまず勉強。歴史書を読み、その内容に、裏にある真実に思いをはせる。それが終わると剣術の稽古、なのだが、それ…